So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

坂本龍馬ならこうする!? [社会]

引き続き

今、坂本龍馬が生きていれば、
この国の現状をみて、何を感じ、
どう考え、どんな行動をおこしているのか!?
・・・、
なんて、そんなことを勝手に妄想してしまう今日この頃
今日は、そんな妄想を書いてみます。

あくまでも私個人の妄想です ( ̄Д ̄;;

まず坂本龍馬ですから、
(と言っても、ドラマ『龍馬伝』の龍馬しか知りませんが・・・)
みんなが笑って暮らせる国に俺がしちゃるき!!!!”
と言っているので、
今の日本が、そういう国(みんなが笑っている国)なら、
龍馬の出番はありません。

しかし、

何度も書いてきたとおり、
毎年3万人以上の人が、自らの命を絶っている我が国は、
とても、“みんなが笑って暮らせる国に!!!”というわけにはいきません。

なんでこんな風になってしまったのでしょうか!?

物はあふれかえり、インフラも整い、GDPだって世界のトップスリーです。
もちろん戦争もありません。

ただ、残念ながら、
国民の「幸福度」だけは、低い!!(各種統計調査より)

なんで!?

物質的には全ての点で日本より劣っている国《フィリピン》の「幸福度」は、
日本よりはるかに高い!!
フィリピンはセブ島に何度も行ったことがありますが、
実感としても、彼らは貧乏だけれども陽気で幸せそうにみえます。

なんで!?

話が脱線しました。

龍馬なら、まずこの国の『閉塞感』のなぞに目を向けるのではないでしょうか!?
閉塞感』なんて、ない!! って、言われればそれまでですが・・・。
 (『閉塞感』とは・・、閉じふさがったように先行きが見えないさま)

私が一番その『閉塞感』を感じたのは、
沖縄米軍普天間基地移設問題です。

 (いまでは、大手マスメディアなどすっかり忘れたふりをしていますが・・・)

これって、日本国民の民意は一つのはずです。

なぜなら、
沖縄県以外の国民は、ほぼ全員、自分の県または道、府に、米軍基地が来ることを拒否するはず。
どんなに日米安保が重要だと叫んだとしても、結局自分の町に来るとなると、反対するでしょう。
もちろん、沖縄県の人々は、もういい加減にしてくれ!!、出てってくれ!!と、
訴えているわけで、

となると、国民の民意は、ひとつしかありません。
国外移設しかないのです。

だから、それが実現できなかった鳩山内閣は終わったわけです。

でも、
じゃあ、菅内閣は、どうしたか!?
結局、辺野古移設案のまま。

本当は、国民みんな、米軍基地は出ていって欲しい!!って願っている。

だけれども、日本の安全は守ってほしい!!

だから、仕方がない。
沖縄県の一部の人に我慢してもらうしかないと・・・、
そう考えるしかないわけで・・・m(_ _)m。

その時点で、私たちは、
やりきれない思いを抱き続けるしかないのです。

これが、どうしようもない大人の世界・現実!?

日本国「国家」の安全という基本中の基本の問題を、
完全にアメリカ合衆国にゆだねているという現実は、
正直、日々の生活にはなんの支障もないように感じられるけれど、
実は、中国や北朝鮮、ロシアとのいろんな問題の中で、
常に浮上してくるわけで・・・、
やっぱりどうすることもできないジレンマをずっと抱えているわけです。
さらに、
日米安保条約では、日本が武力攻撃された場合、米国は日本を守る義務を負っている
とありますが・・・、
本当ですかね!?
米国は、《米国の利益になる場合のみ》、日本人を守る!
というのが正解じゃないですか!!
今回の中国との尖閣諸島問題でも、米国は日本の立場を支持したように見えますが
実は、中国との関係も当然大事にしている米国が、
中国人船長の早期釈放を求めたわけで・・・、
またまた日本人は大いなるジレンマを抱えるはめになったわけです。

これを、『閉塞感』と言わずして何と言うのでしょうか!?

でも、
じゃあ、
アメリカの核の傘に守ってもらわなくてもいいように、
日本が、国家の国是(その国の政策の方向性を決定付ける、国民の支持を得た方針のこと)である
非核三原則(核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」)を破って、
核兵器保有国になればなんて・・、そんな大バカなことをすれば、
世界から総バッシングを喰らって、完全に孤立のダメダメ国家になるでしょうし。

ならば、
坂本龍馬ならどうするか!!??(ようやく龍馬が出てきた(;´▽`A``)

もっと、平和的に、
しかし、国家をおびやかすような危険には断固とした対応をする
そして、なにより、日本人として、自分の国は自分で守るという誇りを持つ!!
なおかつ、近隣諸国とも仲良くやっていくという・・・、

そんな秘策!!

龍馬なら・・・、

あり得ない国どおしとの同盟
 もちろん薩摩と長州を結んだような。。。
・『日中米安全保障条約』の締結。
あり得ない!?

・日本の『永世中立国』宣言!! 同時に、国民の義務として徴兵制度復活。
つまり、自分の国は自分で守るよ。
あり得ない!?

この国の仕組みを変えるということは、
この時代、外国との付き合い方の仕組みを変えるということ。
つまりは、米国との関係をもう一度真剣に考えるということ!!
世界においての立ち位置を変えなければ、
この国のビジョンを語ることなど到底考えられません。
・・・、
・・・・・、
しかし・・・、
龍馬だったら、なんて妄想しても、
私の知恵ではどうにもなりませんな!?

( ̄_ ̄ i)

なんか、中途半端になってしまいました。

またいつか考えます。

お終い



ガンバレ!!小沢さん [社会]


一応、ことわっておきますが、
私は、小沢グループの一員でも(当たり前だ)、
小沢ファンでもありません。

しかし、
あまりにも、
あまりにも理不尽な検察その他マスコミの攻撃が続いていて、
別に好きじゃなくても、
こう言いたくもなります!!

ガンバレ!!小沢さん”と。

今日の会見
淡々(たんたん)と、記者の質問に答えていく小沢氏。
普通に・冷静に・丁寧に答えていたと思います。
テレビでご覧になった方もおいででしょう。。

でも、それが報道ステーションとかでは、
小沢氏徹底抗戦へ》という挑発的な見出しにさせられ・・・。
いかにも、往生際が悪い容疑者みたいな感じになっていました。

また、
検察審査会の起訴議決について、「重大な欠陥がある」として、
訴訟手続き上の異議申し立てを検討する方針を明らかにした
ことに対しても、
問題なのは重大な欠陥』の方なのに、
異議申し立てをすることの方がニュースになってしまうという・・・、

なんだかなぁ!?無茶苦茶

しかし、
みんな、薄々感づいていますよね。
「検察審査会」って、なんだかウサン臭くないかって!?
これだけ可視化、可視化と騒がれる昨今、
なぜ、「検察審査会」のメンバーだけは、まったくその姿が見えないのでしょう。
分かっているのは、平均30歳そこそこの若者の集団で、
しかも、その半数の者は、メンバーに選ばれてから、わずか二ヶ月だって・・・。
彼等の経歴や職業など一切不明。
もちろん、テレビの前に顔をさらせとは言いませんよ。
でもね・・・、某北×鮮じゃないんですから・・・。
裁判官や検察官同様、「検察審査会」のメンバーだって、
完全匿名のままというのは、おかしいですよね!!
許されないと思いますよ・・・・、やっぱり。

裁判の結果は既にみえているだけに、
 ★もちろん小沢氏無罪です!!(理由は10/5のブログで)
本当にむなしい裁判になりそうです。

これで国会は、しばらくこの問題で右往左往でしょう。
アホですね。

国会に望むこと。
【民意】は、小沢氏の「政治とカネ」ですか!?
それとも、
経済・雇用の立て直し
この国の将来の不安(年金等)を無くし希望を持てる国にすることですか

大手メディアのやる「世論調査」では、きっと「政治とカネ」なんでしょうね。
もうやり口は分かっていますから・・・。


いろいろ叩かれておりますが、
裁判をやるまでもなく、無罪なんですから、
(テレビしか情報のない人にとっては、有罪濃厚だと思っているんでしょうね)
とにかく、
小沢さんには、めげずに頑張ってほしいと思います。
(めげないだろうけど・・・。)

ガンバレ!!小沢さん



それ行け!!日刊ゲンダイ [社会]

(ほぼ昨日の続き)

サラリーマンの愛読紙!??「日刊ゲンダイ」の勢いが止まりません!!
ホントか?
いやマジです!!

本日(10/6)のトップは↓
 デタラメ判明!!
“小沢起訴!!検察審11人の大半が20代
(日刊ゲンダイ・ネットの左に小さく出ていますね)

知りませんでした!!
平均年齢30そこそこだって!?
大手メディアはそんなこと教えてくれませんからね。

別に若くたっていいですけど・・・、(-。-;)
でもね・・・、
平均年齢30歳そこそこって、
ちょっと、どうなんですかね!?
・・・、
プロである検察が、不起訴とした事案を、
30歳そこそこの素人が、起訴せよ!!って、
どんだけこの事案のことを知っているのですか!?
しかもその半数は、最近チェンジしたばかりらしい!?
まったく驚きです。
まさか、小沢氏の(テレビの)イメージで決めちゃったとか・・・。
はたまた、誰かからの入れ知恵があったのか!?

しかしですよ、
那覇地検が下した外交的判断には、文句はないんですかね!?
あっちの方が検察に対して信用ならんし、頭にきたけれど。。。

この「検察審査会」なるものの影の集団さんたちは。
小沢氏の事案に対しては、検察の判断が気に食わないとダダをこねました。
が、
那覇地検の明らかな越権行為に対しては、特に気にならない若者たちなのでしょう。

「検察審査会」の判断!!=《民意》、だと大手メディアは言うけれど、
それなら、私は、《民》じゃないのかも・・・。


・・・、
それにしても、
日刊ゲンダイ」です!!
朝日や読売や毎日なんて読まなくても、
まったく問題ありません。
大手メディアの記事や情報なんかテレビやYahoo!!ニュースと内容同じですから
いいんです。金太郎飴は・・・。
ストレス溜まるだけ。。

ここは、疲れた体を癒すためにも、
「日刊ゲンダイ」で・・・、
アダルト(盛り場)情報も充実してますからね。
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:ニヤ!!
たとえば、
*“洗練された女性にじらされまくって”
 ギンギンに硬直し切ってるのに、タマ袋をソフトに手で包み込んだりして、
 アラアラ、お先汁タラ~リ。満を持してニギニギされた時にはもぉ……。
*“エロい主婦が巨乳で顔を往復ビンタ”
 オッパイ90センチの巨乳でもってウエスト61センチ、
 お尻88センチという抜群のエロボディーの持ち主の本田さん、
 上に乗っかっての、巨乳を顔に当てながらブルンブルンの往復ビンタ。たまりませんなぁ!
だって・・・。
・・・、
ね、
アホでしょ。( ̄ー ̄;

ありがとう!!日刊ゲンダイ
今日もスッキリできました!!?


以上



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ガンバレ!!日刊ゲンダイ [社会]


“サラリーマンのストレス発散新聞”!!
そんなイメージの『日刊ゲンダイ』ですが・・・、
今日の一面は、
疑惑まみれ小沢強制起訴」でした。

これ、小沢氏が“疑惑まみれ”ではなく、
もちろん「検察審査会」のことです。

今この問題を、ネット以外で
ストレートにこう叫んでいるのは、
日刊ゲンダイくらいでしょう!!
まさか、まさか、この日刊ゲンダイという夕刊紙が
日本で一番まともな新聞になってしまうとは・・・!??、

しかし、ズサンというかなんというか・・・、
日本はお隣中国よりはましな法治国家だと思っていましたが・・・、
ここまで無茶苦茶になってしまうとは・・・!?

とにかく「検察審査会」なるもの
日刊ゲンダイに言わせれば、
たまたまくじで選ばれた11人のシロウト”集団であり、
そんなド素人が、
疑わしきは起訴して裁判所が判断すればいい』という姿勢で議決を出したわけです。

おいおいおい!!
そんないい加減なことでいいのですか!?
昨日のブログでも書きましたが、
この11人は、
問題となった土地の「登記簿謄本」をちゃんと確認したんでしょうね。
いや、どうせしてないか!?
検察の調書だけを頼りに結論を出したんでしょう。
だったら、
プロである検察が「証拠不十分」で不起訴としたのは何だったんでしょうかね!?
まったく意味がわかりません。

冷静になって考えても、
・・・、
不正をしてまで起訴しようとする最高権力を握る不正義の「検察」をもってしても
起訴できない案件を、
ド素人の11人が起訴できるとしたなんて・・・。
おかしくないですか?
私の考えが変ですか!?
みんなの《民意》は、それでOKなんですよね!?
そうなんですかね・・・!?
だいたい誰がどうやってくじ引きして11人を決めたんでしょうか!?
しかも11人のうち半数は今夏入れ替わったばかりだって・・・!?
なんだそれ!?
大手マスコミは、一切報じないですね。そんな事実。
土地問題どころじゃないでしょ、そこは。

・・・、
しかもですよ、
この強制起訴!! 議決は9月14日に出ていたらしいです。
なんで!?
なんで、ここまで隠していたの!??
もう20日も経ってますよ。
しかも14日って、民主党代表選当日だったって、
知っていましたか!?

うがった見方をすれば、
もし、あの日、菅さんではなく、小沢氏が当選していたら・・・、
今回の「強制起訴」発表は、その日(14日)にあったかもしれません。
『小沢氏当選の日に、強制起訴』
もちろん大変なニュースになったことでしょう!!
しかし、結局、菅氏が当選し、民主党のイメージダウンを避けるために
この小沢氏「強制起訴」発表は持ち越された!?

事実はどうなんでしょうか!?

どちらにせよ、
これからの日本は、
たまたまくじで選ばれたド素人集団が、
『疑わしきは起訴して裁判所が判断すればいい』という結論を出す国になっていくということです。
無罪ならいいじゃないか!!と、いわれるかもしれません。
しかし、日本では、いったん【被告人】扱いされると重大な不利益を被ることになる
ことを忘れてはなりません。

しかし、検察の不祥事、ド素人集団の検察審査会
これが国家の法の番人というわけです。
・・・、
では、もう一度言います!!
日本はお隣中国よりはましな法治国家だと思っていましたが・・・、

冷静になっても、そんな感想しか出てきません。

とにかく、
今言えることは、
ガンバレ!!日刊ゲンダイ ということです。

以上



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小沢氏は無罪!! [社会]


だと私は思っています。

その理由は、

ある方のブログを読んで、その内容に納得したからです。

そのブログのURLです↓
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10664176032.html
タイトルは、「検察審に知ってほしい小沢土地取引の真実

読んでいただければ
小沢氏が無罪であることが分かります

しかし、
上記のブログの内容や情報・調査がデタラメであるなら、
ネットの情報とかブログに書かれている事なんて
いい加減で、ホントに信用ならないものだなぁと・・、
あらためて思うところですが・・、

でも、
もし、この内容が、真実であるならば、
それは、大変なことです!! 怖ろしいことです!!!
アンビリーバブルです!!!
だって、真実であるならば、小沢氏無罪!!なんですから。

そして、ここが重要なのですが、
小沢氏無罪の決め手になった情報は、
上記の一般の方が調査して得た普通に手に入る情報です。
そんな情報、
捜査のプロである「検察」の方々が、知らないはずはありません。

にもかかわらず、
強制起訴されてしまった・・・。
なんで、真逆の結果が導き出されてしまったのか!?
こんなバカな話はありません。

上記のブログとは関係ありませんが、
やっぱり、この問題で気になるところは
検察審査会』なるものですね。
テレビでは、《民意》の反映みたいに言うてますが、本当ですか!?
真実は真逆で、
検察と検察リークによって毎度助けられている大手メディアが生み出した
意志の反映のような気がしてなりません。
大手メディアはここに書くまでもなく、
小沢氏を推定有罪のような扱いをしてきました。
そんな扱いですから、
《民意》=『検察審査会』なるものが強制起訴を選択するに決まっています。
《民意》など簡単に創り出せるのです。

さて、この先の裁判では、どのような結果が待っているのでしょうか!?

もし、小沢氏が無罪となり、その理由が、上記ブログの言う通りであったとしたら、
・・・、
開いた口がふさがりません
(`・ω・´)

まあしかし、テレビの街頭インタビューを見れば、
《民意》は、強制起訴を評価している!?ようなので、
良かったということなんでしょうね。
・・・、
・・・・・、
本当に大丈夫なんでしょうか!?
この国の行く末は・・・!!!!!

以上




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

尖閣諸島問題に物申す!! [社会]


何度も同じ話題で恐縮ですが・・、
ただもう腹が立ってしかたがないので、書いてしまいます。
(`・ω・´)
言いたいことは山ほどありますが、
ここは絞って三つにします。

一つ目
 石原都知事(この方もあまり好きではありませんけれど・・・)の談話の通り
 「せめて、こんな理不尽な横暴がまかり通るんなら、中国の政府の真意を知るためにも尖閣で向こうから衝突してきたと称している保安庁の言い分が正しいのかどうか、保安庁の持っているビデオを公表してもらいたい
 その通り!!
なぜ、ビデオを公開しないのか!?、また大マスコミは公開させようとしないのか!?
衝突してきたという事実は、領土問題云々ではなく、危険な行為としてその責任者(船長)を逮捕するのは当然だと思うのですが・・・。
まさか、中国に気を使っているとか・・・、
まさかまさか、でっち上げだったなんて、言わないですよね!?
中国は関係なく、日本国民に対して、ビデオを公開する必要があったのではと、思います。
でなければ、まったく納得できません。

二つ目
 菅直人首相は24日午後、ニューヨーク市内で記者会見し、那覇地検が中国人船長を釈放したことについて「検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ」と述べ、あくまでも地検独自の判断であると強調した。
 前原外相も、「検察が国内法にのっとって対処したということであり、決まったことについてとやかくいうことはない
」と発言。(産経新聞25日 15時32分配信)
関連して、
那覇地検の鈴木次席検事が記者会見で中国人船長の釈放決定を発表した際、その理由の一つに「日中関係への考慮」を挙げた。

それに対し↓
 元東京地検公安部長の若狭(わかさ)弁護士は「検察庁は外交問題の担当機関ではなく、中国との関係をどうこう言うのは越権行為」と首をかしげるその上で「経験上、検察単独では判断できず、指揮権発動はなかったとしても、何らかの政府の判断が検察側にもたらされたのではないか」と推測する。

 中国は、政府があくまで国家としての姿勢を世界に知らしめていました。
対して、《菅・仙石・前原》日本は、この重要な問題を、あくまで検察にまかせると判断したわけです。
「国内法」に基づいて・・・、と首相と外相は言いました。
「国内法」に、日中関係への考慮が明記されていたということでしょう!??
なるほど・・・、
・・・、
まるで、他人事ですね。
地検の越権行為に対しても、尖閣諸島問題に対しても、

このまま那覇地検が釈放していなければ、どうしたのでしょうか!?
日中関係がさらにギクシャクして修復不可能になっていっても、那覇地検に判断をゆだねたということですよね。

なるほど・・・、そうですか。
政府は、判断しないと!!
・・・、
《菅・仙石・前原》の三人には、
残念な人たち!!という以外に言葉はありません。

三つめ
 昨夜、TV朝日の「朝まで生テレビ」を見ていた時のことです。
出演者の一人、宋文洲(ソフトブレーン株式会社創業者)さんが、この問題に関する中国国内の反響について語っておりました。
中国(一般市民)では、どうやらこの問題、あまり知られていないようで・・・!??
ご存じのように、中国メディアはすべて政府の監視下にあるので、尖閣諸島問題についても統制がとられているようです。
確かに、放送はしているようですが、中国国内では、政治に関心のある一部の人しか興味はないらしいということです。
・・・!?
では、日本の大マスコミは、なぜ連日大々的にこの問題を、あたかも中国で大問題になっているかのごとく放送しているのでしょう!?
先ほどの宋文洲さんも、それが不思議でならないと話していました。

そうなんですか!?
中国一般市民(いわゆる中国世論)は、たいして興味のない問題なんですね。
・・・、
ならば、
つまり、日本の大手マスコミは、中国の戦略にまんまとのっかって、中国の手足となり、私たち日本人を不安に落とし入れるような放送を連日していたということになります。
独自の調査などする気もなく、ただ中国の言い分を垂れ流していただけなのか・・・!?
・・・、
宋さんが言っていることが事実だとすれば、
大マスコミは、間抜け!!という以外に言葉が見当たりません。


しかし、
政府といい、大マスコミといい、
もう一度使ってもいいですか!?
開いた口がふさがりません


以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

“開いた口がふさがらない”!!尖閣諸島漁船衝突事件中国人船長釈放 [社会]


開いた口がふさがらない”とは!?
(`・ω・´)

みんなの党の渡辺喜美代表(私はあんまり好きではないですが・・・、)が記者会見で
「明白な外交的敗北で開いた口がふさがらない。菅内閣の弱腰外交を糾弾していかなければならない」と断じた。と語っていますが、
それは、正しい!!意見だと思います。
まさに、
開いた口がふさがらない”とは、このことです!!

まったく、事件の当初から、中国にやられっぱなし!! ナメられっぱなし!!

菅首相・仙谷官房長官は、私たち国民に、中国に対する日本国としての姿勢や
メッセージを一度でも発信したでしょうか!?
世界に発信したでしょうか!??
まさか、前原外務大臣の言う「冷静に対応する」が日本の戦略であり姿勢ですか!?
その結果がこれですか!!
・・・、
そんな外交、私にだってできる!!
そんな外務大臣なんか必要なし!!

開いた口がふさがらない”とは、このことです!!

ぜ-ぜ-、
ハァ-ハァ-、
少し私も冷静になりますが・・・、

菅首相を操っている仙石官房長官が、これは、「那覇地検」の判断だと述べたらしい。
なに!??
また頭に血が上った!!
ぜ-ぜ-、ヾ(。`Д´。)ノ
それじゃ、これは、
政府・外務省の意向は一切関係なく、「那覇地検」の単独犯か!?
本当か!?、仙石さんよ!!
ここまでこじれている日中問題に関して、「那覇地検」だけで決められる話なんですか!?
決めさせていいんですか!??、仙石さんよ!!
石破茂政調会長(自民)は(私この人も苦手ですが・・・、)
「菅首相と前原外相が(訪米で)不在だ。いかなる判断に基づいて決めたのか国民に説明する義務がある」と述べたらしい。
うん、それ、正しい!!!

21日のブログにも書いたのですが、
中国は必死!!ですよ。
次々に新たな一手を打ってきて、世界に自国の実力をアピールすると同時に、
世界の『世論』を味方につけようと必死です。
たとえ、この尖閣諸島問題が、中国国内問題のはけ口を日本に向けているだけだとしても・・・。

自国の利益を守る国益を主張するという当然といえば、当然の行動を
中国はやっているだけに過ぎません。

対して、何やってるんですかね!?
日本の外交は (`・ω・´)
何にもやってこなかった!!
ですよね!!
菅は、仙石は、前原は(もう呼び捨てだ)・・・。

せっかく菅、前原が、訪米していて世界にもアピールできるチャンスがあるというのに・・・、
この件に関して、ビデオを公開して日本の立場をしっかり主張するとかなんとかあるでしょ!!
やることが、すべきことが!!
日本国の利益を守る国益を主張するという任務が!!
忘れたのか、放棄してしまったのか!?

総理大臣と外務大臣が日本にいないという最悪のタイミングでの中国人船長釈放です。
そして、その責任を「沖縄地検」に投げちゃった!!
ううむ、
あの二人、いらないんじゃない!!?
仙石さんがいればね・・・。
なんて、
嫌みの一つでも言いたくなる屈辱の釈放劇となりました。


開いた口がふさがらない”とは、このことです!!

(`・ω・´)

しかし、
一政治家の「政治とカネ」問題を執拗に追及し、小沢つぶしで露骨な世論調査を展開した大マスコミが、どんな論調でこの事件を報道していくことになりますか!?( ̄∩ ̄#
そちらにも注目しなければなりませんね。

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

尖閣諸島問題に思う [社会]


もう少し何とかならないのでしょうか!?
( ̄_ ̄ i)
尖閣諸島沖の日本領海内で起きた中国漁船衝突事件です。

  ひとまず、過去の日中問題については置いておくとします。

尖閣諸島について両国の立場の違いはありますが、
中国漁船衝突事件が起きた時に、日本の海上保安庁がとった行動は正しいと思います。
日本からすれば、何の問題も非もないと・・・。
なので、その後、一方的に中国から抗議されているのに戸惑う日本人が
多いのではないでしょうか!?

こうした時、いつも思うことですが、
なぜ、日本は、いつも一方的に言われるがままの外交を繰り返しているのか!?
さっぱり意味がわかりません。(私はタカ派でもなんでもありませんが( ̄Д ̄;;)
もう少し何とかならないのでしょうか!?

それに比べ・・・、
中国は・・・!!
まず、中国外交部の王光亜副部長が、丹羽宇一郎駐中国大使に「強烈な憤慨と抗議」の意を示し、
さらに、日本が即刻、中国人船長を開放しないならばと前置きしたうえで、
「中国は強烈な対抗措置をとり、日本はそのすべての結果について責任を負わなければならない」と述べました。
そして、さらにさらに、
日本は日中関係に重大な損害を与えたと主張し、「今後の事態がどのように発展するかは、完全に日本の選択にかかっている」と述べた、と。
追い打ちをかけるように、今度は、外交部の馬朝旭報道官が記者会見で、
「日本がわが国の船長に対して講じる一切の司法措置は不法かつ無効であり、われわれは無条件の即刻解放を要求する」と主張。日本が過ちのうえに過ちを重ねるならば、中国は強烈な対抗措置を講じると警告した。

・・・うむむ、
相変わらず、強烈ですよね!!
ついには、SMAPの上海公演コンサートのチケット販売すら停止されてしまいました。
でもこれ、笑い事じゃないですよ。
たとえそれが、中国国内問題のはけ口を日本に向けているだけだとしても・・・。
それだけ、中国は必至だということです!!

北朝鮮もそうですが、何か自国に不都合な事案なり事故があると
すかさず報道官なる人物が出てきて、声明を発表します。
言ってることは無茶苦茶でも、とにかく対応が早い! !迅速な対応というやつです。

アメリカだってそうです。
自国の利益を守る国益を主張するために、
時には(アメリカはしょっちゅう!?)、相手を脅す声明を発表しています。

当然といえば、当然ですが、
どの国も、自らの国益を主張するのです。
であるなら、中国の強硬な外交姿勢は当然ということになります。
そうなると、やっぱり日本国の対応が、どうしても気になるのです。

何やってるんですかね!?
日本の外交は (`・ω・´)

そしたら、こんなニュースを目にしました。
外務省は20日、日本の大学生ら1000人の中国訪問の受け入れ延期を中国側が通告してきたことを確認し、北京の日本大使館を通じ直ちに抗議したことを発表した。
 発表によると、中国側は19日夜、北京の日本大使館に「現在の雰囲気でこのような友好交流事業を実施することはふさわしくない」と、受け入れ延期を伝えてきた。これに対し、日本側は同日中に「青少年交流事業は安定した日中関係の礎を築く上で意義あるもので、訪中直前の中国側の決定は極めて不適切、かつ遺憾だ」と抗議した。
 

う~ん、そこか!?
そこに食いついたか!? 外務省。
なんか・・・、生ぬるいというか・・・。弱いというか!?

これは、外務省というか、政治上の駆け引きになると思いますが、
結局、いつも「冷静に対応する」で終わりなんですよね・・・。
大人の対応もいいかもしれませんが、
国民への状況説明と今後の処理・対応の仕方をもっとアピールする必要があるのじゃないですかね。
前原さん。

以前より日本は《外交不在》といわれていますが、
これは、マジで、真面目な話、本当に不在なんですかね!!
アメリカに助けてもらわないと何にも出来ないのですかね!??

ジッとしていて、国益が守られるのならよいのですが、
中国に言われるがままにしているうちに、既成事実が積み上げられ、
気がついたら、領土も権利も失われていくなんてことになれば・・・、
外務省なんて必要ないでしょう。

なんて、私が言うことでもないのですが、
問題は・・、
大問題は・・・、
これに関して、大手マスコミが、中国の一方的な抗議を放送するだけで
日本の対応に対しては、一切何にも批評も批判もしていないことだと思います。
こんな対応でホントによいの!?

民主党代表選時にあれだけ必死に「政治とカネ」を取り上げ
小沢つぶしに躍起になっていたのに、管政権になったとたん、
管民主党批判はタブーになったのでしょうか!?
それとも、
対中国問題での管政権の対応・処理はまったく問題ないということなのでしょうか!?
この問題に対して、大手マスコミお得意の『世論調査』も一切見ないですしね・・・。
関連して言えば、
沖縄県米軍基地移設=普天間問題に対する『世論調査』もしなくなりましたね。
管政権の政策は、沖縄県民“民意”とは真逆なんですが・・・。
民意”大好き大手マスコミは、それに関しては死んだふりを決め込んでいます。

どうしようもないです。

とにかく、
“日本の海上保安庁がとった行動は正しい!!、日本からすれば、何の問題も非もない。
だから、日本国民の皆さん、安心してください”

なんてメッセージ(声明)をぜひ中国に対しても、
そして、もちろん私たち日本国民に対しても、
毅然とした態度で、
大手マスコミから(つまりお昼や夜の普通のニュースで)見たいものです。


以上



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「冤罪File(エンザイファイル)」を読んで [社会]


法治国家・日本から
 冤罪国家・日本へ!??

検察が起訴したら99.5%が有罪になっているらしい・・・。
警察や検察から、お前は“悪人”だと決めつけられたら、もう観念しろってことです。

多分、大方の一般市民は、検察を信用しています。
それはそうでしょう。
まさか、エリート集団である検察の方々が、どうしようもなくいい加減で、
お粗末だとは思いもしませんからね。
( ̄_ ̄ i)

しかし、実際は、どうなんでしょうか・・・!?

先日も、村木厚子さんが無罪となる事件がありました。
その際の検察の暴走たるやヒドイものです。
でっち上げに次ぐでっち上げですから・・・。
で、問題は、
でっち上げを行った検察官は、こうした場合、被疑者扱いされた人(村木厚子さん)に
謝るのですかね? 陳謝するのですかね?
普通の感覚で言ったら、
ここは、土下座で謝るところでしょう。
普通ならね。

何にも悪いことやってないのに、おまえが犯人だ!!って言われて、
その証拠がデタラメだったなんて・・・。
無茶苦茶です。 ( ̄_ ̄ i)

と、同時に、
マスコミは、そうしたドイヒーな検察官をなぜ実名報道しないのですかね!?
キチンと処罰されないと、手柄欲しさにまた何度でも同じようなことをやるでしょう!!
キチンと反省させないと、またまたまたまたまた冤罪を作ってしまうでしょ。
 (たとえトカゲのしっぽ切りになってしまったとしても・・・)
と、私は思うのですが・・・。

そうは言っても、
「冤罪」なんて、そんなにあるわけじゃないだろう!?
と、思っている方も多いと思います。
いやいやいや、
これがまた、ヒドい状況なんです。
でも、私たちにその事実を知るすべはあまりありません。
何せ、大手マスコミは、「検察」の不利になるような不可思議な事件を報道しないからです。
(  ̄っ ̄)
逆に、検察に有利になるような情報、いわゆる「検察リーク」はガンガン報道しちゃいますが・・。
 ※小沢一郎氏の「政治とカネ」問題がいい例です。
でも、
大手マスコミが報道しなくても、冤罪を追及している雑誌があります。
いわゆる「検察リーク」をうのみにする大手メディアのエリート記者ではなく、
しっかり自分の足で取材して記事にする本物のジャーナリストたちが頑張っています。

冤罪File(エンザイファイル)』 (ほんとうにこわい嫁・姑10月増刊号)です。
2008年3月に創刊されてから季刊誌として現在11号まで発売されています。

 ◆今号の特集は、総力取材21ページ一挙掲載
  「東広島市美人OL殺害事件」浴槽に沈められた遺体。隠された真犯人証拠

じっくり読んでみました。
・・・、
・・・・・、
犯人とされている被疑者は飯田眞史さん(54)
一審判決は殺人、窃盗罪で懲役20年の判決
二審では、殺人が傷害致死罪となり、10年と減じられはしたが、
飯田さんは、捜査段階から一貫して『無罪』を訴えていた!!
・・・、
さて、事実はどうなのか!?

じっくり、じっくり読み進めていくうちに、
捜査当局、検察官、そして裁判官と、
どいつもこいつも“お前らの目は節穴か!?”と、言いたくなるような事実が次々と。

まず、一番肝心な「動機」が不明であり、飯田さんの釈明も当初から一貫してブレていない。
さらに、決め手となる物証もなく凶器も不明となれば、
一体何をもって彼を犯人だと決めつけようというのか・・!?
もちろん、判決では、とってつけたような動機と、
犯行に及ぶまでのストーリーが示されているわけですが、
このストーリーが不可解となれば、これはもう『冤罪』の匂いがプンプン漂ってきます。
この記事を読む限り、一言でいえば“あまりにお粗末な裁判”で、
いまどきはやりの警察ドラマなら、間違いなく真犯人を捜していることでしょう!!
そんな事件なんです!!

素人の私だっておかしいと思う事実を一つ。
二審で、殺人が「傷害致死」罪となったとあります。
これって、犯人は、“殺そうとした”わけではないってことですよね。
しかし、遺体発見翌日の司法解剖では、
被害者の由紀さんの遺体は、頭部や顔面に計9ヵ所、鈍体等で殴られた傷が確認され、
死因は、「外傷性ショック」と推定された。
つまり、顔面への執拗な殴打があったわけです!!
・・・、
二審では、殺意が否定されました。
なんで!?
これ、おかしくないですか!??

他にもいろんな事実が出てきます・・・。

私も、「情報格差」といわれる中では《貧困》の部類に入るのかもしれませんが、
こんな茶番が、実は当たり前で、あちこちで起こっているとするなら、
大手マスコミの罪は相当深いと思います。

っていうか、大手マスコミは、どこも金太郎飴みたいになってダメですね
┐( ̄ヘ ̄)┌

今後も、
冤罪File(エンザイファイル)』のような良心的雑誌が、
何かの圧力でつぶされないよう、これからも購入という形で協力していきたいと思っています。

しかし、なんだかなぁ~!
(  ̄っ ̄)

政治家の巨悪を追う「正義の味方」は、
どこにいってしまったのだろうな~。
あっ、昔から何も変わっていないのか!!

なむ・・・、
・・・・・、
( ̄▽ ̄)=3

以上


NHK強制執行で受信料回収って、どうなの!? [社会]


NHKは3日、受信契約を結びながら受信料支払いを拒否していた東京都に住む1人に対し、
債権を差し押さえる東京地裁の強制執行が7月に実施され、受信料の一部を回収した、と発表した。
この拒否者は同日、残額を支払った。NHKが強制執行で受信料を回収したのは初めて。
  (時事通信 (9月3日(金)17時44分配信)より)
とうとうやりましたか!! NHK
受信料回収強制執行!!
・・・、
やっちまいましたか!?


私は「法律」に詳しいわけではありませんが、
しかし、これまで見聞きしてきた「法律」って、
何だかんだいっても、大抵納得できるものであります。

しかし、どうしても納得できないものもあります。
それが、
放送法第32条』です。
NHKのホームページでは上記の法律を簡単にこんな風に書いています↓
・「NHKの放送を受信することができるテレビをお持ちの場合、
NHKと受信契約をしなければならない」(NHKオンライン>受信料の窓口より)
・・・、
・・・・・・、ふむ、
NHKの放送を受信することができないテレビって、
そんなの見たことないわけです(チューナーなしのモニター以外で)、
要するに、テレビを買ったら、受信契約しろ!!ってことです。

一方的ですよね。(  ̄っ ̄)
こんな理不尽な話・・・。
もう平成の世、21世紀なのに、です。

《選択の余地》がないっていうのは、どう考えてもおかしい!!
不公平っていうか!?
・・・、

それなら、
「NHKの放送のみ受信することができないテレビ」がなければ
おかしいと思うのは私だけでしょうか!?
多分、現在の技術をもってすれば可能でしょう!?
「NHKの放送のみ受信することができないテレビ」を作ること。
簡単でしょ!!

タバコだって、お酒だって、「税金」無茶苦茶高いです。
しかし、そこに税金払うのが嫌なら、
タバコ吸わなければいいわけです。
お酒飲まなければいいわけです。
払うか払わないかは、自己責任!!、選択の自由!!があります。
ん、関係ないか?
いやいや、
電気だって、水道だって、ガスだって、
お金を払わなければ、止まります。
必要なければ、払わない。
選択の自由があり、自己責任というものです。

しかぁし、
テレビに限って、そうはいきません。
WOWOW見たい、日テレ、TBS、フジ、テレ朝、テレ東見たいと思ってテレビを購入。
NHKは見なくても全然構わない、問題ないって言っても、
NHKが受信できてしまうテレビ受像機を買ったら(ここに選択の余地なし)
金払えって!!?
・・・、
なんだ、その理屈。
それなら、
NHKの電波だけ止めてくれ!!って本気で思うわけです。
現在の技術をもってすれば可能でしょう!?
「NHKの電波のみ止めてしまうこと」
っていうか、もうすでに、衛星放送なら出来てます。

昭和の時代(ALWAYS三丁目の夕日みたいな)
チャンネルが4つか5つしかないような時代
ならいざしらず、
このインターネットの時代に、
NHKがなくなっても、情報にまったく不足はありませんし。
NHKが公平な放送をしているはずもなく・・・。
夏の甲子園や、相撲中継の視聴率が100%なら仕方ないですが・・・、
見ない人の方が多い。

そんなわけで、
そろそろ、
そろそろ、
この問題について、雇用や年金や少子化の問題同様、
真剣に考えてもらいたいと思います。

百歩譲ってどうしてもと言うのなら、
このデフレの時代ですから、
受信料2ヵ月で300円とかね・・・。

実は、私みたいに感情的な意見(叫び)ではなく、( ̄_ ̄ i)
もっと論理的に放送法第32条を検証している方は大勢いまして、
例えば、
放送法の契約を考える
放送法Q&A とか、一杯あります。

興味のある方は、適当にのぞいてみてください。

以上


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。