So-net無料ブログ作成
-| 2010年03月 |2010年04月 ブログトップ

亀親父につける薬 [ボクシング]

昨夜の試合は、
WBC世界フライ級タイトルマッチ
亀田興毅 VS ポンサクレック・ウォンジョンカム

誰がどう見ても、判定での、
亀田の“勝ち”はありませんでした。
クリーンヒット、手数を含め、ポンサクレックの方に分があり
(圧倒的とは言わないまでも)、
判定に疑問がつくような接戦ではなかったと思います。
(日刊スポーツにも“老練32才ポンサクにボコボコ”と見出しが・・・)

それが、今朝のスポーツ紙をみてビックリ!!
またあの亀田オヤジが判定に猛抗議と書いているではありませんか!?

アホか!?と思って読んでみると、
ケチをつけていたのは、
5回のバッティングの減点についてで、
どうやらレフェリーが「2点減点した」と誤った説明をした(実際は1点)ことに対する
抗議だったらしいのです。
・・・、後でレフェリーが謝ったらしい・・。
が、
何で!?
亀オヤジが、JBCの事務局長を呼びつけてまで抗議することが許されたのか!?
で、
「一度減点2と認めたのだから、責任とって、再戦要求」って!?
亀オヤジはチンピラか!?

どのみち、1ポイントでは判定結果は変わらないですし、
あの負傷は完全に偶然とみるべきであり
そもそも、あの興毅選手のからだを丸めて頭を突き出すスタイルが
バッティングを誘発するスタイルなのはもう以前から分かっていたことかと・・・。
まさか、相手の減点を狙った姑息な戦法ではないよな・・?
バッティングの負傷による有利不利は、ボクシングにはつきものなのです。
あの興毅スタイルを続ければ、今後も、負傷し続ける可能性は大なのです。

亀田兄弟のマッチメイクは親父さんが仕切っているということからも
負けを極端に嫌って、くみしやすい相手ばかりを選んで戦っているうちは
本当にファンが望んでいるような強い王者になれるのか?
(息子たちは可哀想だけど)、
難しいような気がします。

亀親父につける薬はもうないでしょうし、あのまま変わりようがないと思いますが、
兄弟たちは、せっかく才能があるのだから、
ちゃんとしたコーチをつけてはやく親父離れをした方がもっと強くなれると思うのですが、
・・・、
まぁ、
大きなお世話ですね!!
( ̄▽ ̄)=3
ただし、いちボクシングファンから言わせてもらえば、
興毅とポンサクレックとの再戦なんて、二度と見たくないと思います。

亀田兄弟の試合は、相手がまともになると、ほとんど、
ボクシングの醍醐味である打ち合いなし、ダウンシーンなし
凡戦ばかりですから、せめて対戦相手だけでも
こちらがワクワクするような実力者とやってもらいたいと思います。
(`・ω・´)ゞ

以上。



最適指数(理論)で高松宮記念(第40回)を討つ!! [競馬予想]

何を隠そう!?
私は大の指数好きであります。

西田式スピード指数】があると聞けば、「スーパーパドック」を購入し、
日刊コンピ指数】が当たると聞けば、130円でニッカンを買い、
直結指数】がおもしろい!と聞けば、近所の文教堂書店に突撃したものです。

つい最近も、
競馬インジケータ指数】が凄いというのでさっそく検証しましたし・・・、

いくつになっても、この飽くなき好奇心(良く言えば)は衰えを見せないのです。
(;^ω^A

そうは言っても、
私は、「指数」のコレクターではないわけで、
集めて・調べて満足するなどできないわけです。
当たり前です。
競馬は勝ってナンボ!!
競馬に勝つための・儲けるための≪手段≫が、『目的』に変わってしまっては
これは本末転倒!!

ここは、勝てる「指数」が一つでもあれば、他は何にも必要ないのですね・・・。

世の中には、数えきれないくらいの“なんとか指数”が出回っていますが、
その全てを検証したり、取り入れたりはとてもできないわけで・・・。
それならばと、
自分で【勝てる指数】を作ってみたいとなるのは自然な流れというものです。。

ただし、【指数】を作るって言ったって・・・、あなた!?
そんなに簡単に作れるものではありませんから!!
・・・、
・・・・、
なんて、言ってますが、
実は、アルんです!!!
簡単に【指数】を作ってしまう競馬ソフトが!?
このブログや私のHP(http://www.block-baken.com/)にも度々登場している
競馬道』シリーズです!
---------------------------------------------------------
現在は、バージョンアップを重ねてついに『GT7』となりました。
http://www.keibado.ne.jp/
今そのソフトが、会員登録すると「無料」で配布(限定数)されています!!
----------------------------------------------------------

さて、
明日は短距離王者決定戦!
今年のG1第2弾となる「高松宮記念」です。

ここは、『競馬道GT7』でオリジナル【指数】を作って勝負します
( ̄▽ ̄)=3

本当のところを言いますと、
競馬は、“何を買うかよりも、どう買うか”がより大事。

競馬道OnLineで有名な指数予想をチェックしてみると、
(ちなみに、市丸博司氏のタイムフィルター、
スピード・アナライザー、奥田氏の直結指数、
インジケーター指数、
さらに、穴のアベコーこと阿部幸太郎氏の「メインの穴」などなど)
馬のチョイスに関しては、どれも大差がありません。
で、私の【オリジナル指数】予想も、順位付けに多少の上下はありますが、
馬自体は、同じような顔ぶれとなりました。

だからこそ、勝ち!!は、“どう買うか”にかかってくるのですね。

どう買うか”ということになると、これは、
投資競馬』的アプローチを意識していかなければならないでしょうが、
G1は、楽しむためのレースですから・・・。そこまでは書きません。

では、いきなり買い目です。
3連複 フォーメーション
1着 3,6,13,15,16,17
2着 3,6,13,15,16,17
3着 3,5,6,9,13,15,16,17
合計50点

以上。

※落馬負傷した武豊騎手は大丈夫ですかね!?



弱かった亀田興毅 [ボクシング]

先ほど、WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦
世紀王者の亀田興毅 VS 暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカムの試合が終わりました。

結果は2対0の判定で暫定王者の勝利。
22戦無敗だった興毅選手にはじめて土がつきました。

私はこれまでブログで
“亀田兄弟のボクシングはつまらない”と言ってきましたが、
今日の試合は、これまでで一番見応えのある良い試合だったと思います。
その一番の要因は、
対戦相手が(正直ピークを過ぎたとはいえ)、暫定王者であり
実績十分のポンサクレック選手だったということ。

私が“亀田兄弟のボクシングはつまらない”と言ってきた一番大きな理由は、
対戦相手が(残念ながら)ほぼ無名か、完全にピークを過ぎている選手としか
やらないことでしたから・・・、

今日は、そのせいもあり、
どちらが勝つのか分からないという適度な緊張感がありました。

試合は、
興毅選手の悪いくせがでてしまいましたね。
とにかく、
手数が少ない!!
また、興毅選手のスタイルは、
体を丸めて頭を突き出す形なので、パンチがスムーズに出ない、
そして、手数も少なくなり、しかも相手の頭とぶつかりやすくなる。

しかし、もう少し打ち合いがあってもいいし・・・、
もう少しやれると思っていましたが・・・。
(><;)
パンチ力、スピードは、若さのある興毅選手の方が一枚上なのだから
本当に、もったいない!!
と、思います。

今後は、あて馬ではなく、
今日のような実力者とグラブを交えて、
興毅選手の良さが出るスタイルを見つけてほしいと思います。

ただ、はっきり言わせてもらうと

TBSが2階級王者として騒ぎ立てるほど強い王者ではありませんでした。
視聴率欲しさにあそこまで露骨な番宣を繰り広げるTBSは、
ことボクシングに限れば、ホントに最低な局ですね。
まことに残念です。
( ̄∩ ̄#

さて、
次の試合は一体誰とやるのか!?

マッチメイクが大切ですし、見ものであります。
(`・ω・´)ゞ



-|2010年03月 |2010年04月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。